高級テキーラと言えば「エラドゥーラ」と言われる程、高級志向のテキーラを製造している有名メーカーです。
テキーラの製造にはアロエに似た植物、『アガベ(リュウゼツラン)』が必要ですが、このアガベを100%使用した商品は高品質。
ところが高品質である反面製造にコストが掛かるため、ブドウ糖や砂糖を混ぜるなどでコストカットを図るメーカーもあります。

ただ、砂糖やブドウ糖はアガベの風味や自然な甘さを邪魔してしまうため、テキーラ通が飲めば「安い酒」とバレてしまいます。
このページでは高級テキーラを製造し続けるエラドゥーラについてまとめています。


画像出展サイト:http://wazawaza.jp/products/detail.php?product_id=245

高級テキーラの魅力

このメーカーが操業を開始したのは1861年。
日本では万延2年、前年度に桜田門外の変が起きた年。
創業者・フェリシアーノ・ロモが自宅でアガベの栽培を始め、約10年後には工場も完成しています。

創業から150年以上経過していますがこれだけの時間が経過してもロモ家(5代目)が事業を行っており、家族経営のテキーラメーカーである事が分かります。
ブランデーメーカーでもカミュが家族経営でブランデーを生産していますが、家族経営の場合は伝統的な手法を守り代々守り続けてきた味を守る意識が強くなるようです。

人気の秘密とは

そのこだわりはきちんと生きており、このメーカーではアガベ100%のプレミアムテキーラ以外の商品は製造していません。
徹底して高品質である事、ブランドイメージを崩さない事を守っているわけですね。

またテキーラの場合、熟成に必要な期間がきちんと定められていますが、このメーカーでは基準以上の時間を掛けてじっくり樽で熟成させているのも特徴。
熟成期間が長いため、上品で口当たりまろやかな商品が出来上がります。


画像出展サイト:http://drawing-hisa.seesaa.net/article/413332205.html

代表的な商品

代表的な商品と言えば『エラドゥーラ プラタ』でしょう。
アメリカ産のオーク樽で45日間熟成させ、独自の香りと味わい、さらに口当たりの軽やかさが特徴。
日本でも店頭やネット販売で手に入れる事が出来、約2千5百円前後で販売されています。
高級路線のテキーラですが、このお値段は良心的。
カクテルに使用しても抜群。

『エラドゥーラ レポサド』も代表的商品。
レポサドは樽で約2か月~1年程度の短期で熟成させたテキーラの事。

このメーカーの場合は約11か月熟成させているので、まろやかで上品な甘さを持つ商品となっています。
色もプラタに比べて琥珀色が強く、熟成が進んだ商品だと分かります。

樽熟成に時間が掛かっている分、価格はお高め。
約4~5千円前後のものが多くなっています。
プラタを飲んでみて、口に合うようならレポサドにも挑戦してみると良いですね。


画像出展サイト:https://goo.gl/WLLnkF

買取価格

お酒買取り業者に問い合わせてみた

お酒の買取り業者へ買取り金額を聞いてみたところ、エラドゥーラ プラタは約1,500円前後。
レポサドも同じく1,500円前後が買取り価格となっています。
どの製品も1,000~2,000円前後が平均的な買取り金額ですとの事でした。


画像出展サイト:https://goo.gl/PpcqU7