不要になったテキーラは売れる?テキーラの種類別に買取価格を解説 ~saikai dining bar~


ポルフィディオってどんなテキーラ?買取価格はいくら?

ポルフィディオってどんなテキーラ?買取価格はいくら?

皆さん、"テキーラ"と聞くとどのようなイメージを思い浮かべますか?
テキーラはサボテンから作られていると言う話もありますが、実際は「リュウゼツラン(龍舌蘭)」と呼ばれるサボテンよりもアロエに近い植物から生産されます。
メキシコのハリスコ州にあるテキーラと呼ばれるエリアで約1,700年前から地酒として作られていたのが今のテキーラの始まりです。

日本人にはあまり馴染みのないテキーラですが、実際には1700年も昔から作られ地元の方々に愛されていたのですね。
そのテキーラの中でも特に世界的な人気が高く高評価されているのが「ポルフィディオ」です。

世界的に有名なテキーラメーカーについてまとめています。

ロバート・デ・ニーロが愛飲するテキーラ

タクシードライバーやゴッドファーザーPARTⅡ、レナードの朝など数々の名作に出演したロバート・デ・ニーロが愛飲するテキーラがポルフィディオ』
このブランドを愛する有名人はロバート・デ・ニーロだけではなく元テニスプレイヤーのアンドレ・アガシやビル・ゲイツなど錚々たるメンバー。

日本ではあまり馴染みのないテキーラですが、メキシコと国境を接するアメリカではポピュラーなお酒の一つなのですね。
このブランドの場合、商品によってはかなりのこだわりがあり「アメリカ産の新樽を使って熟成」「素材100%ブルーアガヴェ使用」「樽熟成5年」など、他のメーカーの物とは一線を画しています。

人気の秘密とは

こだわり抜かれた素材をこだわりの樽で長期間熟成させる事や、アルコール度数を低めに抑えて甘味を前面に出し飲みやすく加工されたものなどラインナップが豊富であること。




画像出展サイト:http://www.drinkplanet.jp/news/view/75

ポルフィディオの代表的な商品

代表的な商品は『ポルフィディオ アネホ』でしょう。
アネホはテキーラの種類を表すもので、オーク樽で最低1年以上熟成させたものを言います。

この商品の場合は樽で5年間熟成させているので、さらに上のランク「エクストラ・アネホ(オーク樽で3年以上熟成)」と称した方が正確です。
ロバート・デ・ニーロがこよなく愛するテキーラがこの商品になります。

他にも『プラタカクタス』と呼ばれる商品も代表的。
こちらは原材料であるアガベ(リュウゼツラン(龍舌蘭))をオーク樽で発酵していません。

そのためアネホに比べると透明度が高く、スッキリとして口当たりが特徴です。
アネホは5年間樽熟成されているのでトロッとしており、濃厚。
両者の飲み口の違いを比べてみるのも面白いですね。


画像出展サイト:https://goo.gl/gniH6t

買取価格

テキーラを買い取ってくれるお酒の買取り業者もありますが、日本ではあまり人気がないため、有名ブランデーやウイスキー程の買取り価格がつかないのが現状です。

お酒の買取り業者に問い合わせてみた

『テキーラ プラタ カクタス』の買取価格は約3千円。
『アネホ』は約5千円(いずれも750ml)となっています。
ポルフィディオは日本人に人気があり、他のテキーラに比べると値段が付きやすくなっているのが特徴です。



画像出展サイト:http://maqube.blog.fc2.com/blog-entry-81.html